就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR(エントリーシート)作成の心構え

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




1)完璧な自己PRは存在しない

エントリーシートを通過すると、「エントリーシート通過=完璧なエントリーシート(自己PR・志望動機)」のように考えてしまいます。とはいえ、たまたま提出したエントリーシートが運良く通過した場合も考えられます。常にエントリーシートは変化するもの。「完璧なエントリーシートは存在しない」ぐらいに考えておいたほうがよいでしょう。満足した主観、成長はのぞめません。少しでも良いエントリーシート(自己PR・志望動機)を出すように心がけましょう。

 

 

2)自己PRでは必ず1番自分の良いところを書く

エントリーシートは「足きり」に使用されることもあります。つまり、エントリーシートだけであなたが判断されます。たとえ、あなたが面接に自信があっても、どんなに素晴らしい人でも、エントリーシートに記入しないとあなたの良さは伝えられません。「面接で聞いてもらえばいいや」なんて考えていると痛い目を見ます。あなたのできることは、エントリーシートで自分の一番素晴らしいところを書きましょう。

 

 

3)自己PRは誰にでもわかるように書くこと

自己PR(エントリーシート)を書く上で意識すべきことは「誰にでもわかるように書くこと」。自分は知っているつもりで書いても、相手には伝わっていないことがあります。特に専門用語を使用するのは控えましょう。小学生が読んでも「すごい」と思ってもらえるようなエントリーシートを書きましょう。あなたのエントリーシートは小学生が読んでもわかりますか?

 

 

4)文字数が少ない自己PRは要素をつめすぎない

自己PR(エントリーシート)で一番つらいのが文字数が少ない課題。とはいえ、どんな文字数でも、あなたの素晴らしさを伝えなければなりません。文字数が少ない課題の場合、必ず自分の1番伝えたいことを書くこと。そして、それ以上望まないこと。欲張れば欲張るほど文字数が足りなくなるため、注意しましょう。

 

 

5)質問されることを意識して自己PRを書く

エントリーシートを通過することも大切ですが、その先を意識すること。エントリーシートは面接でも使用されます。エントリーシートは通過したものの記入内容が乏しく、面接の会話がはずまないことがあります。自分の1番伝えたいことが面接官にとって質問しやすい内容であれば大丈夫ですが、そうではない場合は損をします。自分の素晴らしいところが質問されずに面接が終わってしまうこともあります。自己PR(エントリーシート)を書く際には面接官に質問されるように工夫して書きましょう。例えば、キャッチコピーを使用する、あえて抽象的に書くなど方法があります。あなたのエントリーシートは質問しやすいですか?

 

 

6)自己PRは常に変わるため我慢する

締切日ギリギリまで自己PR(エントリーシート)を書くのはオススメできません。とはいえ、エントリーシートはできるかぎりもっと良くならないか考えて粘りましょう。就職活動に対して真剣に取り組んでいる人であれば、自己PRや志望動機は日々変わります。締切日がまだ余裕があるのにエントリーシートを提出してしまうと、不完全なエントリーシートで合否が判断され、落ちてしまうこともあります。さらに「面接を受けるときには自己PRが変わっていた」といったこともあります。面接でも不完全なエントリーシートが使用されるので、自分の思うように面接にのぞめません。あなたはエントリーシートをすぐに提出していますか?

 

 

7)自己PRをたくさん考えること

自己PR(エントリーシート)に取り組む際には1つだけ回答を考えるのではなく、色々な回答を考えること。思い込みほど危険なことはありません。エントリーシートは大学の受験の願書ではなく、大学受験の解答用紙と考えましょう。時間制限(就職活動という期間)があり、自分のベストな回答をしなければなりません。受験と同様に「答え」がでるまで何度も考えることができます。受験との違いを挙げるすれば、受験は正解が1つしかなく、確実に点数をとれば評価が得られます。しかし、就職活動の場合、正解はなく、評価は点数ではなく、面接官の感情で評価されます。これほど不公平なことはありません。だからこそ、自分のベストを尽くすためにも、面接官の立場に立ち、さまざまな回答を考えることが必要です。あなたはいくつ回答を考えていますか?

 

 

8)まわりの人に自分ではわからないことを聞く

エントリーシート(自己PR)を作成するのによく聞かれるのが「自分にはたいしたエピソードがない」といった否定的な言葉。しかし、意外と自分がたいしたことがないと思っているだけである場合が多いです。そのような事態にならないためにまわりの人に自己PR(エントリーシート)を見せて、意見を伺うと良いでしょう。エントリーシートはすごいエピソードを記入する必要はなく、「一緒に働きたい」と思わせることが大切です。あなたの伝え方次第です。あなたのエントリーシートを見た人はどう思いますか?

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ