就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR例文集「イベント」

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




自己PR例文 夏祭り

自己PR例文 夏祭り

 

私は「カツ定食の千切りキャベツ」です。所属する団体で夏祭りを開催していますが、元気良くお客様を見送るメンバーがいる中、ゴミを拾ったり、忘れ物をチェックしたりと、残っている仕事を率先して片付けました。また、仲間のちょっとした気持ちの変化にも気が付き易く、リーダーだからと仕事を抱え込み気持ちに余裕のなくなった仲間に、「仕事を分担することと手を抜くことは違う」と励ましたことがあります。最前線でいる人が心置きなく活動し輝ける環境をつくることが、私のやりがいです。(229字)

 

【コメント】

 

キャッチコピー(キャベツ)とエピソードのつながりがわかりません。キャッチコピーを考え直しましょう。所属する団体についての説明を書いたほうが話題が広がるため具体的に書きましょう。「元気良くお客様を見送るメンバーがいる中、ゴミを拾ったり、忘れ物をチェックしたりと、残っている仕事を率先して片付けました」については人柄が伝わってきてよいです。しかし、それ以降のエピソードは抽象的です。「仕事を分担することと手を抜くことは違うこと」という考えは素晴らしいため、それを示すために自分がどのような行動を行ってきたのかを今よりも具体的に書きましょう。

 

 

自己PR例文 社会人向けパーティ

自己PR例文 社会人向けパーティ

 

私は目標を達成するため、それにふさわしい具体的な行動策を考えることができます。70人以上のサークルOBを対象とした社会人向けパーティ(OB会)に総幹事として臨みました。任務遂行の際、多くのOBに楽しんでもらうことを目標としました。目的を達成するため、@同期を役割分担するA例年、OBと現役で隔てられていた席配置を改善するB一次会と二次会の会場を近くする、という3つの運営方法を、例年の方針に追加しました。OB会は成功し、会全体で25万円の黒字を出し、二次会の参加者数が、例年より30人も増えました。(249字)

 

【コメント】

 

キャッチコピーがわかりづらいため、表現を再考しましょう。「目標のために必死に頑張ります」でも通用するのではないでしょうか。目標を達成するためにどのような強みを発揮したのか考えるとよいです。

 

具体的に書かれているため、説得力はありますが、人によっては印象が異なるかもしれません。このままでも自己PRとして成立しますが、スペースが少ない自己PRの場合はエピソードを1つに絞り、自分にしかないことを書くと、もっとよい自己PRになるでしょう。

 

 

自己PR例文 学生寮

自己PR例文 学生寮

 

「タフな交渉力」
私が住んでいた学生寮には「寮祭」という地域の方や他大学の方達と、交流するイベントがありました。私は会計を担当し、約六十万円と限られた資金の中で、コスト削減を徹底しました。酒屋に行き、模擬店の割引券を渡しての値下げ交渉。また、学生部長に直接交渉に行き、真っ赤な運営費用表を見せながら、寮生とお客さん全員を感動させるためには経費が必要だと訴えると、後日、模擬店機材代を負担してくれることになりました。この交渉力を活かし、不足していた十五万円のコスト削減を実現することが出来ました。(247字)

 

【コメント】

 

自己中心的なイメージをもてせてしまうため(文字数がもったいないため)、「私」を2回続けて書かないほうがよいです。

 

「真っ赤な運営費用表を見せる」「値下げ交渉」など具体例が書かれているため、交渉力があることが伝わる自己PRです。しかし、「タフ」かどうかはわかりませんでした。交渉中の困難について書くと、もっと良くなります。

 

目標(ゴール)を「コスト削減」で終わらせるのではなく、「イベントが楽しめたこと」にしたほうが良いのではないでしょうか。
 

自己PR例文 子供イベント

自己PR例文 子供イベント

 

人に楽しさを伝える事を重視しています。最初接客が苦手でしたが、子供対象のイベントで、沢山の子供達を喜ばせたいと考え、風船を利用し、大きな声で宣伝をしました。屈んで、同じ目線になる事で子ども達が笑顔になり、充実感を得ました。結果、大盛況でイベントを成功させることができました。この経験を通じて接客の楽しさを知り、自発的行動の大切さを学びました。(171文字)

 

【コメント】

 

ショート自己PRの場合は1文でも良いので、相手を惹きつける文章があるかどうかが大切です。文章の流れもわかりやすく、人柄(相手の立場になれる優しい方ということ)は伝わりますが、もう少しアピールが欲しいです。

 

「子供の目線に立つこと」は素晴らしく、大きな声で宣伝するもよいですが、それらだけでイベントを成功させたというのは言い過ぎです。自分が考えて行動したこと(自分しか体験していないこと)を書けると、もっと良くなるでしょう。

 

キャッチコピーは1番の売りをアピールするため、「人に楽しさを伝える事を重視しています」という表現より、断定系の表現にしましょう。

 

例)

 

世代に合わせた【楽しさ】を伝えることができます。

 

 

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ