就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR例文集22

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




自己PR例文 チョコレート販売アルバイト

自己PR例文 チョコレート販売アルバイト

 

創意工夫が私の売りです。バレンタインフェアで、あるメーカーのチョコレート販売のアルバイトをしました。販売のアルバイトは初めてでしたが、売場と在庫管理を一人で任されました。しかし、そのメーカーのチョコレートはおいしいのですが知名度が低く、お客様がなかなか集まってくれませんでした。そこで、試食を大きくして味が分かるようにしたり、試食の種類を増やしたり、お客様がどんな商品が欲しいか話しかけたり、他のメーカーとは違った販売方法を自分なりに工夫しました。その結果、期間中の売り上げが去年の2倍になりました。(250文字)

 

<コメント>

 

・背景の説明が多く、自分が頑張ってきたことに関する記述が少ないため、強みが伝わりづらいです。例えば、下記のように省略できます。

 

「私は知名度が低い、おいしいバレンタインチョコレートの販売をしていました。知名度の低さをカバーするため3つの工夫をしました。・・・・・・」

 

「他のメーカーとは違った販売方法」について書くと、もっと強みが伝わりやすくなるでしょう。

 

 

自己PR例文 韓国語

自己PR例文

 

目標を持ってそれを達成するための努力を怠らない点が強みです。私は今韓国語の勉強をしています。大学で3年生は韓国語を履修することができません。そのことを先生に相談したところ聴解生としてなら受講できると聞き受講することができました。授業では毎回の予習復習を欠かさずし、夏休みには韓国に3週間の語学留学もしました。留学を経験してみて初めて知ることがたくさんあり行動しなければ何も得ることができないということに気づくきっかけとなりました。この経験を生かし何事にも積極的にチャレンジし結果をだしたいと思います。(250字)

 

<コメント>

 

日記のように事実を書いているため強みが伝わってきません。例えば、韓国語を通じて、何を学び、何をしてきたのかを具体的に書きましょう。留学経験をして知ったことは何でしょうか?

 

 

自己PR例文 ブレイクダンス

自己PR例文 ブレイクダンス

 

不器用さを認めることでプラスに変えてきた。ブレイクダンスの技の不器用さ。これが同じ技ばかり30000回以上練習し、自分独自の追求につながり、認められ、3000人以上の前で踊るショーの振り付けをすることにつながった。作る際にも不器用さは役立った。技に対するレベルアップができない分、見せ方についてこだわれたからだ。ジーンズの太さや色、腕の角度から音のメリハリ、イメージ。観客から見ていかにキレイに見えるかを徹底的に分析した結果、もう一度振り付けをお願いされるような納得のいくショーをすることができた(248字)

 

【コメント】

 

「不器用」の文はわかりづらいため、もっと言い回しを工夫をした方が良いでしょう。ダンサーの自己PRであればよいですが、現在のままではあなたがどのような人かが伝わってきませんでした。文章の書き方はとてもわかりやすいため、何を伝えたいのか考えて、エピソードを再考しましょう。

 

 

自己PR例文 インテリアコーディネート

自己PR例文 インテリアコーディネート

 

大学でインテリアコーディネートを専攻している繋がりで、空間ディスプレイ業をしている知人の仕事を3年間手伝っています。例えばデパ地下のショーケース内のディスプレイデザインを考える際には、まず入念な掃除から始め、その後相手の出した条件を元に配置や季節感などに考慮したデザインを提案します。そこで相手の要求に対しより良い案を出すため、外に出たら店舗のデザインを観察する癖をつけた結果、アイデアの引き出しを多く作ることができました。大変なことにも楽しみを見つけて継続し、結果に繋げられる事が私の強みです。(248字)

 

<コメント>

 

まず、強み(結論)から書きましょう。現在のままでは仕事内容の解説になっています。「癖を身につける」といった発見は素晴らしいため、そのような自分で考えて行動したことを中心に書きましょう。

 

 

自己PR例文 卒業研究

自己PR例文 卒業研究

 

私は一度やると決めたことは、意思を持って粘り強く取り組みます。
卒業研究では、あるタンパクの標的を探索しました。実験の条件や方法を組み合わせ、約7ヶ月にわたって4つの実験を行いましたが、すべて失敗でした。このままネガティブな結果しかでないのではないかと不安になることもありましたが、絶対に成果を出したいという強い思いで、実験に取り組みました。先生や先輩と何度も議論し、新しい方法を試みた結果、複数の候補を見つけることができました。1年間試行錯誤を繰り返し、ここまで出来たことが自信になりました。(246字)

 

<コメント>

 

卒業研究についてわかりやすいように説明しましょう。粘り強く取り組むことを強調するのであれば、どれだけ議論を重ねたのか、どこまで考え抜いたのかなど書いたほうが良いです。「ここまでできたこと」とありますが、「ここまで」がわかりません。複数の候補を見つけることができたことの素晴らしさがわからないため説明しましょう。

 

 

自己PR例文 飲食店のキッチンアルバイト

自己PR例文 飲食店のキッチンアルバイト

 

私は常に向上心を持つように心掛けています。飲食店のキッチンでアルバイトをしているのですが、初めの頃は洗い場を担当することがほとんどでした。しかし、料理を学びたいと思い、洗い場の仕事を早く終わらせるように工夫をし、空いた時間で料理を学ぶようになりました。また、お店のことをより深く知りたいと思い、ウェイターの仕事を一度体験させていただきました。現在では、料理の盛り付け方や料理を出すタイミングなど、お客様やウェイター、ウェイトレスのことを考えた料理の提供ができるようになりました。(239文字)

 

<コメント>

 

自己PRのお作法「受験失敗」型です。前置き(説明)が長いです。この自己PRで大事なのはウェイターに挑戦し、それを活かして仕事をしていることではないでしょうか。最初の文章を簡潔にまとめて、ウェイターの経験を活かした「仕事ぶり」について書きましょう。

 

例)

 

飲食店のアルバイトでは洗い場を担当。しかし、もっと料理やお店を学ぶため、仕事を早く終わらせて料理を学んだり、ウェイターの仕事を経験するなどしました。・・・

 

 

自己PR例文 クラブ

自己PR例文 クラブ

 

私が大切にしていることはプライドをもつことです。クラブで、他の仲間より秀でていたいという思いでプレイしていた頃は、仲間からの信頼を得ることができず、非常に辛い思いをしました。その時に、自分が今までプライドだと思っていたものは、単なる独り善がりの捨てるべきプライドであることに気付きました。そして、本当に持つべき真のプライドとは「自慢」ではなく「自信」として自分の心の中に生き続けるものだと確信しました。この経験を通して私は、仲間を信頼し、自分の役割に100%の力を注ぎ込める人間に変われたと思います。(250文字)

 

<コメント>

 

自己PRのお作法の狼少年型です。自分の考えだけが述べてられていて、本当かどうかわかりません。自分の体験をもとに説明しましょう。クラブ活動でどのような経験をして、そのような考えに至ったのか。それをもとにクラブ活動でどのような行動をしたのかを具体的に書きましょう。

 

 

自己PR例文 サークルの学習会

自己PR例文 サークルの学習会

 

私は自ら課題を設定し解決することができます。所属するサークルの学習会を開催しました。多くの人に参加し、成長して欲しかったので、開催に当たっての一番の課題を「参加者を増やす」ということに設定しました。この課題を打開するために、聞き取りを行い、事前に学習会の概要を説明するなどして、参加者を拡大させました。そして参加者は皆成長することができました。学習会で得た新たな課題の解決に取り組んでいます。(196文字)

 

<コメント>

 

相手がイメージしやすいように何のサークルに所属しているのか説明しましょう。

 

「多くの人」「参加者の拡大」とありますが、どれくらい多かったのかがわかりません。「数字」で表現しましょう。また、聞き取りを行い、どのように工夫をしたのかを具体的に書きましょう。全体的に周長的な言葉が多く、理解しづらい自己PRになっています。

 

 

自己PR例文 電話オペレータのアルバイト

自己PR例文 電話オペレータのアルバイト

 

私は、喜ばれる事に快感を覚えます。電話オペレータのアルバイトにて、数分のやり取りの中で満足して頂くための姿勢を怠りません。また安心感を与える迅速な応対が出来るように、勤務外も商品知識や先輩方のやり取りを見聞きして学びました。今では電話機を持ちながら頭を下げ謝罪するように、感情を相手に伝えるため通話しながらも頻繁にジャスチャーを交えています。すると自分の声に表情ができ、お客様の声の調子も上がって行く様子を感じました。結果、顧客満足度部門の向上に貢献したと部署から特別賞と評価された事は大きな自信です。(250文字)

 

<コメント>

 

電話オペレータの例が唐突なので、「電話オペレータのアルバイトでは」のほうがよいでしょう。

 

「今では電話機を持ちながら頭を下げ謝罪するようになったこと」から仕事に対する姿勢が伝わってきてよいです。「喜ばれることに快感を覚えることが強みなのかどうか」を考え、強みについては再考したほうが良いです。喜ばれるためにどのような強みを発揮しているのかを考えるとよいです。

 

 

自己PR例文 研究室

自己PR例文 研究室

 

私は、人々が求めるニーズを的確に把握し、自らの知識を還元し、形作ることによって手助けをすることができます。研究室主催の自然観察会で一般の人々と触れ合った際、大学で行う専門的な研究と一般の人々が求める知識との間には大きな開きを感じました。その開きを埋めるためガイドブックを作成し、学習フェスティバルに出展しました。自分の学んだ専門的な知識を環境と絡めながら、分かりやすく説明し理解を深めてもらい、ガイドブックにより環境に興味を持つ手助けとキッカケ作りとなり、多くの人々に喜んでもらう事ができました。(244文字)

 

【コメント】

 

最初の文章が長いため、強みを簡潔に伝えましょう。

 

「問題提起(大きな開きを埋めること)」「解決」の流れで読みやすいですが、「解決」の文章が抽象的です。同じ研究室の人であれば書ける可能性があるため、あなたがどのようにわかりやすく説明したのか、ガイドブックを制作する際に工夫したことを書きましょう。

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ