就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR例文集「学園祭」

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




自己PR 学園祭実行委員会

自己PR 学園祭実行委員会

 

私は目標を原動力に走る力を人一倍持っています。大学入学時、1やり遂げる、2形に残るものを作る、3企画する という三つの目標を立て、その達成に向け学園祭実行委員会や研究会で活動しました。三年間続けた実行委員では、広告営業総括となり、低迷していた件数を上げるため苦心しました。電話での事前説明を提案し実行したり、在来企業の確認徹底などを呼びかけ、結果を出すことが出来ました。2の実現に向け、研究会では「読者目線」を軸とし、雑誌制作を行いました。このように、目標を掲げ努力を続けることが私の誇りです。(247文字)

 

コメント】

 

自己PRのお作法「欲望型」です。エピソードが2つ入っていることから、エピソードが抽象的で強みが説明できていませんでした。研究会の話か実行委員の話か、どちらかに絞りましょう。「3つの目標」を意識して書くのは良いですが、実際にしてきたこと(広告営業の話)がありきたりです。どれだけ苦心をしたのかがわかりません。どれだけ広告が低迷したのか、そこからどのようなに努力して、どのような結果を出したのかを詳しく書きましょう。また、「3つの目標」にこだわらず、目標を1つに絞って自己PRを書き直したほうがよいでしょう。

 

 

自己PR例文 大学祭

自己PR例文 大学祭

 

団結と行動力で成功をつかみます。大学祭で展示を行いましたが、先輩たちは展示を飾っただけで、あとはただ待っているだけだったので、来場者は一時間に数人という感じで、しかも放置状態でした。その状況に我慢できなくなった私は、先輩たちと相談をして、ビラの作製と呼び込み、来場者の方への説明などを提案し、即実行に移しました。その結果、来場者は二日間で300名を超え、さらに呼び込んだ教授に展示の意図を熱弁したところ、共感してくださった上にカンパまでしていただき、大成功で終えることができました。(241文字)

 

【コメント】

 

「大学祭で展示〜」の文が読みづらいです。何度も声に出して読み、読みやすいリズムを作りましょう。

 

大学祭で展示を行いましたが、先輩方は展示を飾っただけでただ待っているだけでした。来場者は一時間に数人で放置状態。

 

状況説明が多いため簡潔にまとめて、来場していただくためにどうしたのか具体的に書きましょう。ビラ作成・配布では誰もが行うことで、あなたが伝わってきません。もっと状況説明を短くすると下記の通りです。団結と行動力で成功をつかみます。大学祭の展示では1時間にたった来場者が数人だったところを100倍に増やしました。例えば・・・

 

 

自己PR例文 大学の文化祭

自己PR例文 大学の文化祭

 

私は転んでもただでは起きません。大学の文化祭で、模擬店を出したときに店長を務めました。購入した紙コップが予想より小さく、使えそうにないというトラブルが発生したときには、発想を変えて、既に仕入れた材料で独自の新メニューを作り、それに入れて売ることにしました。おいしいと好評でした。また、売り上げが予想より少なかったので、店外でもお客様に話しかけながら売り歩くようメンバーに指示しました。笑顔で話しかけること、時間帯や気温に応じて商品をお勧めすることでお客様の心を掴み、売り上げを伸ばすことができました。(250字)

 

【コメント】

 

具体例が書かれていますが、事実を羅列しているだけの印象があります。キャッチコピーが説明できないようでした。1つだけでも良いので、真剣に頑張ったことを書いたほうが印象に残ります。例えば、「独自の新メニューはどのようなもので、どれくらい好評だったでしょうか?」「時間帯や気温に応じて商品を進めるとは具体的に何をしていたのでしょうか?」「売上はどれくらい伸びたのでしょうか?」考えてみましょう。

 

 

自己PR例文 学園祭実行委員会

自己PR例文 学園祭実行委員会

 

「為せば成る」
この精神の大切さを学びました。学園祭実行委員会の製作局に所属していましたが、私の所属学科で両立できた先輩は、過去数年内で1人もいませんでした。続けるための一番の障害は時間不足でした。そこで、スケジュールを細かく練る事はもちろん。通学中の電車内の10分も、トイレの5分も無駄に出来ない!と、少しの時間も、製作する絵の構想や、レポートの課題等に使いました。結果、きちんとやり通し、卒業することができました。「成らぬは人の為さぬなりけり」諦める前にまずは挑戦することの大切さを学びました。(249文字)

 

【コメント】

 

内容の前に句読点がすべて「,」「.」になっているため、文章のマナーができていませんでした(読みやすいように全て修正しました)。

 

突然、学んだことから入るのではなく、自分の強みを話してから「学んだこと」についてふれたほうがよいでしょう。今の自己PRでは為せば成るというより、時間管理ができるような印象を受けます。

 

両立とは「学問」と「委員会の仕事」ということでしょうか?説明しないとわかりづらいです。

 

時間を大切にする姿勢は素晴らしいのですが、学生時代の出来事を羅列しているような印象があります。何のために時間を大切にしたのかを考えましょう。時間を無駄を減らすのではなく、委員会の活動に注力するためではないでしょうか?委員会ではどのような苦労があって、どのよう成果を残したのかを書いた方が良いのではないでしょうか?

 

 

自己PR例文 リーダーシップ

自己PR例文 リーダーシップ

 

私には失敗から学んだリーダーシップがあります。
高校の文化祭でリーダー失敗を経験しました。自分の考えを否定される事を怖れるあまり、メンバーとの意見交換を疎かにした結果、いつの間にか自分の「喜び」しか追求出来ない独りよがりなリーダーになっていました。この反省を生かし、大学のサークル活動では、本音の意見交換を促進する為に部員一人一人との面談を実施。そして浮き彫りとなった目的と意識のズレを解消する為、新しい企画や役職を立ち上げました。こうして皆の目的を達成出来る環境を創り上げ、組織としての「喜び」を実現しました。(250文字)

 

【コメント】

 

前置き(高校の失敗の話)が長いです。採用担当者が知りたいのは「今のあなた」です。キャッチコピーの「失敗」という言葉のために文章長くなっています。コピーを変えたほうが良いかもしれません。コピー自体は悪くはないため、もしも、大学時代のエピソードがあれば、そのままでもよいでしょう。

 

採用担当者がこの自己PRで1番知りたいのは「浮き彫りとなった目的と意識のズレを解消する為、新しい企画や役職」です。「どのような企画をしたのか、どのような役職を考えたのか」今よりも具体的に書きましょう。

 

 

自己PR例文 大学祭実行委員会

自己PR例文 大学祭実行委員会

 

私は大学祭実行委員会の企画部に所属しております。ある年のテーマに沿ったイベントとしてオリジナルキャンドル作りを企画しました。予算が少なかったのですが、お客様に楽しんで頂く為に、教会や結婚式場から使用済みのキャンドルを大量に譲って頂きました。お客様への安全面は特に気をつけ、熱いロウは我々が取り扱い、火を使わず電気コンロを使用するといった工夫をしました。当日は大盛況で、新聞の記事にも載りました。御社では協調性を活かしながら、お客様の安全を第一に考え、一つでも多くの笑顔を拝見できるよう貢献したいと思っております。(246字)

 

【コメント】

 

オリジナルキャンドルといっているのですが、何がオリジナルなのかがわかりませんでした。イベントについて述べているだけで、この自己PRに山田さんがいません。何をPRしたいのかが伝わってきませんでした。例えば、このイベントで山田さん自身が何を考え、どのように行動してきたのかを書きましょう。

 

相手が感じ取ればいいため、自己PRではこのような文(「御社では協調性を活かしながら、お客様の安全を第一に考え、一つでも多くの笑顔を拝見できるよう貢献したいと思っております。」)は必要ありません。

 

 

自己PR例文 チンドン屋

自己PR例文 チンドン屋

 

私のモットーはもっと。もっと上手くなるには、もっと効率を良くするためには、と常に試行錯誤している。ゼミの交流をもっと深めるために自主ゼミを開き、欠席が多い仲間には事情を聞き、一緒に改善策を考えた。大学生活に慣れ、もっと楽しみたいと思った時には、大勢の友人を集めて学園祭でチンドン屋をした。12年間続けているジャズダンスを、もっとしなやかに踊りこなしたいと思うと、酢を使ったオリジナル料理を研究した。今後も仲間を大切にし、考え、行動、反省することを繰り返し、皆でもっと相乗していけるよう努めたいと思う。

 

【コメント】

 

・「私のモットーは〜」のような表現は安易です。文章中に「もっと」が6か所も出てくると相手に不快な印象を与える可能性があります。

 

・学園祭、自主ゼミ、どちらかのエピソードに絞り、考え、行動、反省を繰り返して結果を出したことについて書きましょう。

 

 

自己PR例文学園祭実行委員会

自己PR例文学園祭実行委員会

 

私は「肩の力を抜くこと」を心がけています。所属していた学園祭実行委員会では、忙しくなると必ず雰囲気が悪くなっていました。私は一生懸命になりすぎて疲れているからだと考え、改善策として委員会室に“笑おう”と書いた紙を貼り、心休まる音楽を流しました。その効果は翌日から表れ、些細な諍いがなくなり、作業効率が上がった事で帰宅時間が2時間早まりました。私はこの事からリラックスすることの大切さを学びました。(198字)

 

【コメント】

 

自己PRのお作法「オレオレ詐欺」型です。「私」が多いです。

 

「強み」と「エピソード」がずれています。「自分が肩の力を抜くこと」と「まわりがリラックスること」は異なるはずです。最後に「リラックスすることを学びました」とあるのも時系列を考えると不自然です。今回の事例だけでは説明するのは難しいですが、「気配り」のほうが強みとして合っているのではないでしょうか。

 

 

 

自己PR例文学園祭実行委員会

自己PR例文学園祭実行委員会

 

私には人間関係を円滑に築く術があります。それは「笑顔」と「聞く力」です。学園祭実行委員会に所属し、初めて人をまとめる立場になった時、どんな時でも笑顔で人の話に耳を傾けることを心がけていました。すると自然と私を慕ってくれる仲間が増えたように思います。また、主な仕事であった会議のレジュメや議事録の作成の際も@正確でA常に新しい情報をBわかりやすく伝えることを目標に、読む人の立場で取り組み、皆の信頼を得ることが出来ました。この様な基本的な積み重ねが、学園祭という大きな行事の成功にも繋がったと思います。(250文字)

 

【コメント】

 

人間関係を円滑に築く術と話を振っておいて、次に答えがあるとあまりキャッチコピーの効果がありません。「私には〜聞く力です」を1つの文章にまとめたほうがよいです。

 

今のままでは学園祭の仕事内容、自分の考えを述べているだけになっています。実際にどのように行動してきたのかを詳しく書きましょう。そのために、「仲間が増えていったのは耳を傾けることだけだったのか?」「読む人の立場で取り組んだのはレジェメの作成だけなのか?」「どのようにわかりやすく伝えていたのか」など考えるとよいです。

 

 

自己PR例文 学園祭運営スタッフ

自己PR例文学園祭運営スタッフ

 

強みは粘り強さです。困難な状況になっても、あきらめずにやり遂げます。私はいつも「できるか、できないか」ではなく「やるか、やらないか」で物事を考えます。所属していた学園祭運営スタッフで責任者を務めていた屋外ステージが、学園祭当日に突然の雨で中止になりかけた時も、「何かできることがあるはず」と周囲のスタッフに働きかけ、まだ残っていたプログラムも中止にせず、雨の中でもできる内容を考えて実行しました。傘をさしながら多くの来場者に見てもらい、「よかった」と声をかけてもらうことができました。(242字)

 

【コメント】

 

「強み〜考えます」は同じようなことを書いているため、文字数を稼ぐために簡潔にまとめてもよいかもしれません。「考え方(できるか〜やらないか)」は素晴らしいです。しかし、それをエピソードで説明でいていない印象があります。学園祭でどれだけ粘り強く頑張ったのか、もっと具体的なエピソードを書きましょう。

 

自己PR例文 たこ焼き

 

目標達成のために何でも挑戦してみることを心がけています。学園祭でたこ焼きを販売した時、10個あるたこ焼き器のうち3個をお客様に焼いてもらおうと提案しました。というのはお客様が作るという作業をしているサークルが無かったこと、お客様に焼いてもらえば人手がうくこと、成功して人が集まれば宣伝効果にもなると思ったからです。結果、売上が6万円弱だったのに対し、8万円以上になり、目標の「三日で22万円以上」を達成できました。結果から挑戦してみる姿勢は営業という目標がある仕事に対しても生かせると考えています。(250字)

 

【コメント】

 

強みと具体例が合っていませんでした。何でも挑戦すると書いてありますが、挑戦が1つしかないため説得力がありません。お客様に作らせる発想はよいため、そのほかにも事例がないかどうか考えましょう。

 

「というのは」のような口語表現はやめましょう。

 

相手が自己PRを見て思えばよいため、最後の文章については自分から伝える必要はありません。面接で話しましょう。
 

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ