就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR例文「インターンシップ」

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




自己PR例文 インターンシップ

自己PR例文 インターンシップ

 

逆境が私を大きく奮い立てます。
中国北京でインターンを行いました。初日の日本語教育担当の授業で言葉の壁と緊張から大失敗し残り一ヵ月を絶望しました。勤勉な中国人の期待を裏切らぬようこの若い日本語教師がすべきは普段学べない生の発音と生の日本を伝えることだと考え、その日から毎晩2時まで授業計画を綿密に行いました。日本のアニメ、物価、独特の習慣、ビジネス風景などを取り入れ、会話形式で行った結果、生徒数が10人20人と増え、生徒が楽しみながらも一生懸命ノートをとる姿を見ているだけで苦労が報われました。(250文字)

 

【コメント】

 

強みはいつでも発揮できるもの。常に逆境がないと発揮できないのでは困るのではないでしょうか。もう一度自己分析をして、強みを明確にしましょう。

 

「勤勉な中国人〜考え」という「考え」よりも、具体的にそれを元に何をしたのか具体的に書いたほうが強みが伝わります。例えば、どのような授業計画を立て、一番生徒が楽しめたことを書いたほうが良いでしょう。

 

 

自己PR例文 官庁インターンシップ

自己PR例文 官庁インターンシップ

 

私は、実用的に物事を考えることができます。官庁でインターンシップを経験した際、各種保険に関する電子申請の普及率を上げるための政策を課題として考えました。保険料を自分がどれだけもらえるか分かればきっと役に立つはずだと思い、電子申請をした人だけが使える専用のホームページを開設して、そこで数値を入力すれば保険料の給付額がシミュレーションできるシステムを導入するという計画を立てました。結果的に、上司に提出する企画書に私の企画を加えてもらうことができ、自信につながりました。(234字)

 

【コメント】

 

取り組んできたことは素晴らしいですが、最後の結果(目標)が小さいため、魅力が半減しています。計画を立てることは誰でもできます。実際に行動することのほうが難しいです。もしも、システムの導入まで携わっているのであれば、それを書いたほうが魅力的な自己PRになるでしょう。もしも、エピソードがなければ、今の「官庁〜計画を立てました」を誰が読んでもわかりやすいように「素晴らしさ」を強調して書いたほうが良いです。「保険料〜立てました」という文は長いため、文章を分けたほうが良いです。

 

 

自己PR例文(インターン)

自己PR例文(インターン)

 

私の強みは、自分の考えを周囲と共有し、実現させるバイタリティーです。自らインターン先に企画を売りこみ、市内の各大学の休講情報を閲覧できる学生地域密型ポータルサイトを作り、広告収入を得るアイデアを提案しました。市内の主要大学やスポンサー等の関連企業に営業をかけ、協力を受け企画を実現しました。最終的に、月間20万PVのアクセスと年間600万円の収益を生むサイトに成長させ、学生にも喜んでもらうことが出来ました。私は、一人では出来ないスケールの事も周囲と協力することで実現させることが出来ます。(245字)

 

【コメント】

 

自分の強みをアピールするのが自己PRなので、「私の強みは」という文言は必要ありません。

 

素晴らしい自己PRです。「強み(バイタリティー)」と裏づけのエピソードがマッチしています。しかし、現在のままでは「周囲と共有できるかどうか」はわかりません。まわりの人とのコミュニケーションについて具体的に書かれていると素晴らしい自己PRになるでしょう。バイタリティーを強調するため、どれだけの企業に営業をかけたのかを書いたほうが良いです。月間20万PVがどれだけすごいのかを、インターネットの知識がない面接官はわからない可能性があるため、説明できるようにしましょう。

 

 

自己PR例文インターン

自己PR例文インターン

 

「責任感が強く主体的に動く」ビジネスプランを作るインターンで、ビジネスは詳しくないができることはすべてやろうと積極的にメンバーと連絡をとってミーティングを設定したり、欠席者に話を伝えたり、議事録を作るなどした。メンバーとのコミュニケーションを深め相手を理解することで、それぞれの得意を考慮した適切な役割分担ができ、完成度の高いプランを作ることができた。この経験からビジネス知識やコミュニケーションの大切さも学んた。仕事でも責任感を持ち、自分から主体的に動くことで、信頼を得られるよう頑張りたい。(249字)

 

<コメント>

 

前置きが長く、エピソードが抽象的なため、主張している強みがあるかどうかわかりません。まず、どのようなビジネスプランを考えたのかを書きましょう。そして、「ビジネス〜作るなどした」という文章について書くよりも、「それぞれの得意を考慮した適切な役割分担するために何をしたのか」「どれくらい完成度の高いプランなのか」を書きましょう。

 

 

自己PR例文 NPO法人

自己PR例文

 

私は、関心仕かけ人です。所属するNPO法人で新聞社の方と、言語技術の新授業プログラムを開発し、小・中学校で授業を行いました。子供が関心を持つよう、次の2点に力を入れました。記者の「生」の技術の伝授するために、記事を書いている現場などに行き、コツを逆取材しました。また、授業用のビデオ教材の作成を提案し、ドラマ仕立てに作り上げたりすることで、より子供が関心を持つように工夫しました。授業は成功を収め、今後は全国展開の予定です。人の気持ちを察し楽しませること、その力を伸ばす努力は怠りません。(244字)

 

【コメント】

 

具体的な事例をもとに強みについて説明されていて、よい自己PRです。あとは「力を入れたこと」について相手に伝わりやすいように自分の考え・行動を交えながら書くとよいでしょう。

 

 

 

自己PR例文 レーシングチーム

自己PR例文 レーシングチーム

 

私はダルマです。アメリカ留学中にレーシングチームの立ち上げに参加しました。その中で、チームの宣伝カーをレーシングカーに見立てて作り、費用は車体に貼る企業のネームステッカーからの広告収入で補う「コスト0広告カー」を提案しました。しかし、インターン生の意見は全く相手にされず、私は勤務後に自ら地元中小企業に企画書を持って回りました。アジア人というだけで門前払いされることもありましたが、20社以上の企業を回り、8社から依頼を受けました。後日、2度のプレゼンでついにチームの同意を得ることができました。(248字)

 

【コメント】

 

自己PRのお作法「オレオレ詐欺型」です。「私は」を2回続けないようにしましょう。具体例を書いていてよいですが、最初のコピー(ダルマ)との結びつきがわかりづらいです。そのため、何をPRしたいのかがわかりません。ただ具体例を書くのではなく、何が自分の売りであるのかを意識しながら書きましょう。

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ