就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR例文「販売」

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




自己PR例文ファーストフード店

自己PR例文

 

相手の気持ちを考えて行動することができます。ファーストフード店で接客のアルバイトをしていますが、接客以外の配達や調理の仕事も覚えることにより、本当の意味で皆の気持ちを理解するようにしました。実際に担当以外の仕事をしてみると、今まで気がつかなかった他人の苦労を知ることができました。わからないことは積極的に質問をすることで、皆とコミュニケーションをとることもできました。このように私のすべての原動力は思いやりの心です。(207文字)

 

【コメント】

 

ほかの仕事を体験することで理解する姿勢は素晴らしいです。あとは実際に担当以外の仕事をして何を気づいたのか、どういった苦労をしたのかを書いたほうがよいです。今のままではほかの人でも書けてしまいます。なるべく必要のない文言を削除しましょう。例)相手の気持ちを考えて行動できます。ファーストフード店の接客のアルバイトでは、接客以外の配達や調理の仕事も覚えることにより、本当の意味で皆の気持ちを理解するようにしました。

 

 

自己PR例文 カジュアル服の販売のアルバイト

自己PR例文 カジュアル服の販売のアルバイト

 

私は言葉の先の想いを引き出します。カジュアル服の販売のアルバイトでは、お客様との対話から「春らしい物」のような曖昧な言葉が多い事から、うまくイメージできない欲しい物があると気付きました。そこで、お客様の好みを整理し、具体的なコーディネート提案したところ、売り上げが伸び、定期的に来店されるお客様も増えました。これからも対話から多くの事を学び、イメージを具現化できる力を伸ばしたいと思います。

 

【コメント】

 

キャッチコピーと具体例が合っていますが、具体例の内容が乏しいです。このエピソードだけでは強みが伝わりづらいです。もっと強みがわかる象徴的な経験について書くか、複数エピソードを書いて強みを説明しましょう。自己PRの制限文字数が少なければ、売上げの伸び率を数字で表したり、コーディネート提案をキャッチコピー風に表現してはいかがでしょうか?「思います。」という表現は頼りない感じを与えかねないため「伸ばします」のように断定しましょう。

 

 

自己PR例文 書店アルバイト

自己PR例文 書店アルバイト

 

「生活者の視点に立ち、提案する力」書店でアルバイトを続ける中で、「児童書コーナーが騒がしいのではないか?」と感じていました。アンケートをとってみると、実際にその通りでした。そこで、防音壁の代わりに立ち読みのできないコミックコーナーと、1人でいる子供を見守れるレジで、児童書コーナーを囲う店内レイアウトを店長にこれを提案・説得をし、実行させてもらいました。その結果、お客様には「安心して、ゆっくり本を選べる」と満足してもらえ、売り上げに貢献する事ができました。 (228字)

 

【コメント】

 

自己PRはいつどこでも発揮できるものである必要があり、「生活者」は仕事を意識しすぎたコピーであるため、「相手の視点に立ち、提案する力」のほうがよいでしょう。「そこで〜もらいました」の文章が長いため、読みづらいです。2つの文章に分けましょう。問題、改善策、結果の順でエピソードが書いてあり、とても説得力のある自己PRです。

 

 

自己PR例文 衣服販売

自己PR例文 衣服販売

 

私は自らの経験をビジネスに活かすことができます。私自身の経験として、衣服を購入するときにセットで安く、気軽に購入したいという願望がありました。そこで、仲の良かった古着屋の店長に在庫を利用したセット販売を提案しました。販売ツールとしてはネットオークションを利用しました。また、定価以上で売れた場合は、差額を従業員に還元することにしました。それがモチベーションアップにもつながり、定価の2倍近くの値段で売れることもありました。その結果大きく売上に貢献でき、また在庫の流動率も改善されました。(242字)

 

【コメント】

 

行動してきたこと、そして、結果は素晴らしいのですが、「突然、店長にする」「差額を還元する」などあなたがどのような立場にいるのかわからず、説明不足なところがあります。相手がイメージしやすいように背景を説明しながら、自分の行動を書きましょう。

 

「自らの経験をビジネスに活かすこと」は当然のことであるため、強みについては再考しましょう。

 

 

自己PR例文 CDレンタルショップ

自己PR例文 CDレンタルショップ

 

私は常に世の中にアンテナを張り、自己流で物事に取り組みます。3年間CDレンタルショップで販売担当としてアルバイトを続ける中で本社からのツールをマニュアル通りに使うのではなく、自家製POPや個人的に調べたアーティストを紹介してオリジナルのコーナー作成をしていました。ブレイクする前のDef Techをインターネットの口コミ情報で知り紹介した際は旧譜の平均売上枚数15枚ほどだったのが彼らのCDだけで連日20枚以上売り上げることができました。現在もいち早く価値ある情報を掴み、提供することを心がけています。(250文字)

 

【コメント】

 

「Def tech」がわからない人もいるため、2人組のグループのような説明を入れたほうがよいです。基本的に自己PRは誰が見てもわかるものでなければなりません。自己流(ツールやマニュアルを使用しないこと)を強調しすぎると、組織の中で強調して働けないのではないかと心配させてしまう恐れもあります。表現については再考したほうが良いでしょう。世の中にアンテナを張ることが「インターネットの口コミ情報」では説得力に欠けるのではないでしょうか。オリジナルのコーナーといわれてもわからないため、どのような考えで、どのようなものを作成したのか書くと、強みも伝わりやすくなります。

 

 

自己PR例文 携帯電話販売店

自己PR例文 携帯電話販売店

 

私は「努力型負けず嫌い」です。
携帯電話販売店のアルバイトをしていた時、高齢の方向き簡単操作の携帯電話の取扱中止の案がありましたが、高齢者のお客様は多く、何も対策せずに諦め中止にはしたくないと思いました。そこで簡単操作をアピールすべく各社の対応機種の用途別比較シートの作成・無料迷惑メール拒否設定等のサポートを提案、実行しました。後者は操作等の不明点は専門店に事前問い合わせし、お客様を待たせないサポートを可能にしました。これらの実施結果、1ヵ月売り上げ0台から10台へ増加し取り扱い中止は免れました。(247文字)

 

<コメント>

 

キャッチコピーが伝わりづらく、エピソードとつながりません。特に負けず嫌いかどうかがわかりませんでした。強みを再考しましょう。具体的に行ってきたことは素晴らしいです。あとは相手がわかりやすいように文章を書きましょう。

 

例)

 

「携帯電話販売店でのアルバイトでは、売上不振により、高齢者向けの携帯電話の販売中止が検討されていたことがありました。そのとき、反対に高齢者のお客さんが多いことから販売の継続を訴え、売り上げに貢献しました。まず、最初に行なったことは・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

自己PR例文 大学野球のチケット販売

自己PR例文 大学野球のチケット販売

 

大学野球のチケット販売責任者を務めた際、観客を前年より4千人増やしたことです。目的は、大好きな大学野球の観客が減っている現状を変えるためです。なぜ観客が減っているかを、ロジカルシンキングの本を基に分析し、3つの方策を実行しました。その3つは (1)ビラの内容を一新(2)そのビラを、チームの全ての試合で配ってもらうよう、応援団に交渉(3)そのビラを、私の大学の全てのサークルの部室、ゼミの研究室に配る、以上です。(206字)【コメント】

 

自己PRは自分の強みをアピールするためのものであるため、最初に「強み」を記入しましょう。

 

箇条書きで書いているのはわかりやすいですが、あなたの行動がほとんど書かれていません。どれか1つに絞り、自分が行ってきたことを具体的に書いたほうが良いです。

 

 

 

自己PR例文 デジタルカメラ販売

自己PR例文 デジタルカメラ販売

 

新天地を切り開くことが快感です。デジタルカメラ販売のアルバイトをした際、担当した機種は全く人気がありませんでした。調べてみるとそのカメラの特色は少数派と受け止められ、良さがお客様に伝わっていなかったことが原因でした。社員の方に協力して頂き、比較し易い他機種の隣に移 動、サンプルを現像写真に切り替えるなど具体的にイメージして頂けるよう工夫、トークも思いつくものは全てメモし使いました。結果、即決のお客様も増え、期間売上日本 一を記録できました。《250文字》

 

<コメント>

 

強みとエピソードがずれていることを除けば、素晴らしい自己PRです。また、文章が読みづらいところがあるため声に出してチェックしましょう。

 

 

自己PR例文 携帯電話販売店アルバイト

自己PR例文 携帯電話販売店アルバイト

 

私は困難な状況であっても、ベストを尽くし、打ち勝つ「負けず嫌い」です。
携帯電話販売店のアルバイトでは、売上不振のため、高齢者向けの携帯電話の販売中止の案が検討されていました。まず、仲間と協力し、注意を引く巨大ポップを置きました。次に、一目で各社製品を長所、短所がわかる機能別の比較表を作成しました。そして、購入後の設定等の無料サポートを提案、実施しました。こうした結果、販売中止をやめさせ、逆に売上げに貢献しました。この経験から、お客様視点に立ち、再度利用したくなる店作りの楽しさを知りました。(248文字)

 

<コメント>

 

最初の文章(強み)が同じ内容を繰り返していてわかりづらいです。一番何を伝えたいのか考えましょう。エピソードから「負けず嫌いかどうか」が伝わってきませんでした。

 

どうして高齢者にこだわっていたのか、理由を書きましょう。実践したことは素晴らしいですが読みづらいです。読みやすいように書いたほうが良いです。例えば、箇条書きで書いてもよいかもしれません。

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ