就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

内定獲得!学生時代に頑張ってきたこと(大学行事)

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。自己PRを添削してほしい方は「無料で自己PR添削を受ける方法」へどうぞ

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないオススメ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメの近道」はお勧めです。

【スポンサードリンク】




学生時代に頑張ってきたこと例文(海外研修)

大学の海外研修の参加率を2倍に増加させたこと。
カンボジアの海外研修を通して成長してきた私は、学部生の海外研修の参加率の低さに疑問を持ちました。まず私は原因を探るため500名に意識調査を行い、大学生活への不安が海外研修参加の意思決定を妨げていたことが判明。そこで新入生300名が授業や留学などの悩みを経験者の先輩に相談できる新入生と在校生の交流会を企画しました。その結果、交流会を通して自信を持つ新入生が増えたことで、海外研修の参加率は2倍へ増加し、交流会は学部の公式行事として採用されることになりました。

 

【コメント】

 

有志から公式行事に採用されるのは素晴らしい結果です。

学生時代に頑張ってきたこと例文(プレゼンテーション大会)

プレゼンテーション大会で優秀賞を獲得したこと。私は約半年間、ゼミで政策提言を考える中で、なぜ現状がこうなのか、なぜ今の政策では改善されないのかをとことん追究しました。チームとして1つのことに取り組む困難さや、個人としてチームの一員になるとはどういうことかを考え抜き、体感することで新たな自分自身の可能性を見つけることができました。

 

どのような困難にぶつかったのか具体的に書いたほうが説得力は増します。

学生時代に頑張ってきたこと例文(大学パンフレット制作)

編集長として、10人のメンバーを束ね、学部紹介のパンフレット製作を行ったこと。これまで学校からの一方的な情報提供に課題を感じたため、2つの改善策を実施いたしました。1つ目は実際に手に取る高校生の本音を聞くための座談会、2つ目は入学後に知った学部の魅力を中心に意見を集めるために在校生へのウェブアンケートとなります。これらのことを行なったことで学生視点を活かしたパンフレットを高校生に届けられました。この経験から相手の立場に立って必要なことを考え、実行することの大切さを学びました。

無料で自己PRを受けたい人へ!簡単に魅力的な自己PRを作る方法とは

【スポンサードリンク】



無料メールセミナー(内定エッセンス)


勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

【プロフィール】
田口久人。慶応義塾大学卒。今までに2000人以上の学生を個別指導し 「いかにその人の魅力を引き出すのか」を追求し続け、NLPを活用した 独自の目標達成セミナー、就職セミナーなどを開催。充実したキャリアを築くための方法を伝え、多くの20代から圧倒的な信頼、支持を得る。著書に『受かる!自己分析シート』『受かる!面接力養成シート』』『内定の常識』『大学時代を後悔しないための52のリスト』『TOEICテスト「20分間勉強法」』『20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわの法則」』など。

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓
PCmail




※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

著書



ホーム RSS購読 サイトマップ