就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR例文集「マネージャー」

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




自己PR例文 ボート部のマネージャー

自己PR例文 ボート部のマネージャー

 

学生時代ボート部のマネージャーとして、50人以上いる選手の体調管理を一手に担いました。私は軽視されていた栄養面の見直しを始め、20品目以上が摂取できる食事メニューを立案し、練習後に摂取できるよう作成しました。さらに一日に摂った食事から不足する栄養素を計算できるソフトを独自に考案し全員の栄養チェックを行うことで、栄養に対する選手の意識改革を行いました。その結果、全員が万全の体調でレースに臨み、見事目標である日本一をもぎとりました。目標達成に向けなにをすべきか見極め実行する力には自信があります。(246文字)

 

<コメント>

 

・とても素晴らしい自己PRです。具体例がとても充実しており、PRしたい点がわかりやすいです。しかし、最初から読むと何をPRしたいのかがわかりません。面接でも同じなのですが、自分が言いたいこと(結果)は先にもってきましょう。例えば、「あなたの自己PRは何ですか?」と聞かれた時、どう答えるでしょうか?多分、「結果」から答えて、その後「理由」を言いますよね。

 

・自己PRは大学生がPRするものなので、「学生時代」という文言は要りません。

 

 

 

自己PR例文 運動部のマネージャー

自己PR例文 運動部のマネージャー

 

求められていることを見抜き、自分なりに考えて実行する力が最大の強みです。高校から続けている運動部のマネージャー業では、常にチームをより良い状態にするには何をすべきかを考え行動してきました。新チームが発足したばかりの頃、私は選手同士の仲間意識を強めるために手作りのミサンガとメンバーのプロフィールをまとめた冊子を作り、全員に配りました。これをきっかけとしてチームの結束が深まり、ベストな状態へと導くことが出来ました。チームワーク向上のためにはお互いの理解を深めるための行動が必要なのだと実感しています。(250字)

 

【コメント】

 

自己PRの基本(自分の考え、今まで頑張ってきたことを書くこと)はできています。しかし、自分の強みとして挙げた「求められていることを見抜き」という文が具体例が少しずれており、説得力に欠けます。自分が何を求められているのかを書いたほうが良いです。また、チームをよりよくするために、ミサンガ・プロフィール作り以外に新チーム発足時に具体的に何をしてきたのかを書くともっとよくなるでしょう。

 

運動部のマネージャーと書くよりは、具体的に部活名を出したほうが話題が広がるため具体的に書きましょう。

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ