就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR例「コールセンター」

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




自己PR例文コールセンターアルバイト

自己PR例文コールセンターアルバイト

 

私は「誠実であることを心がける人間」です。コールセンターでアルバイトでは、お客様の勘違いなどで、クレームに発展する場合があります。そんな時、まず最初に「できること、できないこと」について、率直に伝えるようにしています。その後お客様の要望と、会社の対応でできることのすりあわせについて話を移します。最初は曖昧な受け答えしかできなかったのですが、このような対応に変えてから、「そういう風に言ってくれれば納得できるよ」と、お客様も話を聞いてくれました。こうして私は真摯な言葉で伝える大切さを学びました。(248文字)

 

【コメント】

 

自己PRのお作法「パンフレット」型です。コールセンターの仕事の説明をしているだけになっています。どうして「できること、できないこと」を伝えるようになったことは素晴らしいですが、それを「自分の体験」をもとに説明できるとよいです。また、真摯な言葉で伝えるためにどのように応対したのかを書きましょう。現在のままでは強みをエピソードで説明できていません。

 

「人間」がアピールしているため「人間」という言葉を使用しないほうが良いです。

 

 

自己PR例文 コールセンターアルバイト

自己PR例文 コールセンターアルバイト

 

私にとって、努力する気持ちと笑顔は必需品です。コールセンターのアルバイトする中で、どうすれば声で信頼を得られるか悩んでいました。ある時、笑顔が声の印象を変えると指摘されて、鏡を使いながら笑顔で話すという練習方法を思い付き、さらに、努力を形に残す為に秘書検定2級取得にも挑戦しました。すると練習を重ねるうちに、鏡が無くても笑顔で話せるようになりましたし、なんと資格も1度目で合格できました。今では指名して下さるお客様もいて少し困ってしまいますが、これが信頼関係なんだと実感しています。(241文字)

 

【コメント】

 

「ある時、笑顔が声の印象を変えると指摘されて、鏡を使いながら笑顔で話すという練習方法を思い付き、さらに、努力を形に残す為に秘書検定2級取得にも挑戦しました」は2つの文に分けたほうが読みやすいです。努力を形に残すためより、さらにサービスを向上させるためにと書いたほうが文章の流れとして良いです。

 

すでに資格を取得していることを伝えているため、「なんと資格も1度目で合格できました」は削除したほうがよいです。

 

「笑顔で話せるようになりましたし」のような口語表現をやめましょう。

 

指名してくれるお客様がいることは素晴らしいため、「今では指名して下さるお客様もいて少し困ってしまいますが、これが信頼関係なんだと実感しています」という表現は再考しましょう。

 

 

自己PR例文 コールセンターアルバイト

自己PR例文 コールセンターアルバイト

 

努力で信頼を勝ち取ります。コールセンターのアルバイトでは、声で信頼を得る事が重要です。入社当初にお客様から、「上席に代われ」と言われた事がありました。その原因は、軽薄に感じる対応にあったようです。そこで、上司には対応方法や敬語の正しい使い方などの再指導を要請しました。さらに、笑顔が声の印象を変えるとの指摘から鏡を使い笑顔で話す練習をし、努力を形に残す為に秘書検定2級取得にも挑戦しました。今では、私を指名して下さるお客様もいる程です。その信頼を失わないように、鏡を使う練習はずっと継続しています。(249文字)

 

【コメント】

 

「あったようです」という表現は無責任な印象があり、「要請」という言葉も謙虚な姿勢が感じ取れないため、表現を変えましょう。

 

努力を形に残すことにこだわるのであれば、資格に挑戦したのではなく、取得したというように書かないといけません。

 

「鏡の練習を続けているの」は信頼を勝ち取るための努力が感じられて素晴らしいです。

 

 

自己PR例文 コールセンターアルバイト

自己PR例文 コールセンターアルバイト

 

日々生まれ変わりたい、これが私の座右の銘です。コールセンターのアルバイトでは、お客様のことを一番に考え、無駄が無く、的確な対応を心掛けています。時には上司に相談し、更なる分かりやすさを追及します。妥協は、負けることと同じです。アルバイトを通じて、自分の努力が相手の満足を作るのだと知りました。それは何よりの喜びであり、それが私を次へ突き動かす力に変わります。今まで指摘は、期待と受け止めてきました。毎日を、誕生日に変えられたら最高です。<218文字>

 

【コメント】

 

コールセンターのアルバイトの説明になっています。自分の考えに関する記述が多く、本当かどうかわかりません。自分の行動について詳しく書いて説明しましょう。例えば、無駄がない的確な対応とはどのようなことでしょうか。自分の努力が相手に満足になった経験とは。

 

 

自己PR例文 コールセンターアルバイト

自己PR例文 コールセンターアルバイト

 

私は伸び続ける「ゴム」です。コールセンターのアルバイトでは、スキル向上の為、上司の対応や意見を聞き効率的な対応を常に追求しています。それは、お客様の状況を的確に把握することと、トークスキルを求められるからです。なぜなら、お客様から頂いている貴重な時間ですから、無駄にすることなくご納得頂く為に重要となります。結果、自分の言葉でお客様にご納得頂ければ、それが成長を促進する何よりの「力」です。今では、後輩を指導することも増えましたが、自分自身もより良い対応を心掛け、日々成長していけるよう努めています。 <250文字>

 

【コメント】

 

自己PRのお作法「パンフレット型」です。半分以上がアルバイトの説明になっています(考えを述べているだけになっています)。どのように効率的な対応をしていたのか、どのように的確に状況を把握していたのかなど「事実」に基づいて強みを説明しましょう。

 

 

自己PR例文 コールセンターアルバイト

自己PR例文 コールセンターアルバイト

 

私は、何事にも挑戦し、自分を高めます。コールセンターのアルバイトでは、自分なりの新しい会話方法を考えました。話を始める前に「今、よろしいですか?」と相手の立場を大切にする姿勢を伝え、最後に必ず感謝の言葉を述べるようマニュアルに付け加えました。会話の中ではお客様の状況を的確に把握し、心からの敬語で相手に語りかけました。今ではお客様との会話にあたたかさが生まれ、感謝の言葉をいただけるようになり、成約件数を10件から20件に増やすことができました。自分で考え行動することの大切さや面白さを学ぶことができました。(250文字)

 

【コメント】

 

「話を始める前に、〜最後に必ず感謝の言葉を述べるようマニュアルに付け加えました」という話は自分の経験が語られていて素晴らしいです。しかし、「会話の中では〜」以降の文が当たり前のことが語れてています。お客様との会話にあたたかさが生まれたとありますがどのようなことなのか、どのように話していたのか具体的に記入するともっと良くなります。成約件数は10件から20件と書くより、「2倍に増やせました」の方が印象が良いかもしれません。

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ