就職活動の良い自己PR例文・悪い自己PR例文を紹介

自己PR例文集12

このサイトについて

自己PRコンテストは新卒向けの自己PRを添削、掲載する就活サイトです。

転職活動の自己PRを作成したい方へ

あなたの知らないおすすめ転職サイト

転職者に評判の良い転職サイトを紹介。 質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」はお勧めです。

【スポンサーサイト】


data-ad-client="ca-pub-9934810577000086"
data-ad-slot="4534526496">




フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは




自己PR例 チーズ販売のアルバイト

自己PR例 チーズ販売のアルバイト

 

チーズ販売のアルバイトをしていました。
外国からのお客様も多く、最初は接客に消極的でした。それを克服するため、店の外でチーズをセットで販売しているスライサーを使ってその場でスライスし、試食してもらう仕事を積極的に行いました。そうすると外国の方もそれを見て興味をもってくださり、簡単な英語やジェスチャーでコミュニケーションをとることができ、お客様にお店に入り商品を多く買っていただく事ができました。このことを通じ、その状況に対応していく力を身に付けることができたと思います。(248字)

 

【コメント】

 

学生時代に頑張ってきたという質問の答えならわかるのですが、自分の強み(況に対応していく力?)は最初に書きましょう。今のままでは質問の意図に沿っていません。

 

最後の文章は「その状況に対応していく力〜思います」という文章は担当者が自己PRを見て思うかどうかなので書く必要はありません。そのように思わせるように書くことが大切です。そのため、試食の業務の説明はもっと簡単にして、自分が積極的にどのように仕事に取り組んだのか、外国人のお客様に商品を多く買っていただくためにどのように努力したのかをもっと具体的に書く必要があります。

 

イメージしやすくするために「コミュニケーションのシーン(もしくは、会話)」など入れるとよいかもしれません。また、「どれだけ多く買っていただいたのか」を「数字」で表したり、「外国からのお客様」を「イタリア、アメリカ、フランスの方」など表現するのもよいです。

 

 

自己PR例 テニスサークル(共育)

自己PR例 テニスサークル(共育)

 

『共に成長』を意味する"共育"という言葉が好きです。私は、テニスを愛してもう9年になります。大学で入ったテニスサークルの中では勝ち頭になりましたが、目標は学内大会で1位になることです。同時に、もうひとつやりがいを感じているのは、テニス初心者である仲間をサポートすることです。理論と実践を交えた私流のテニス講座のおかげで実力アップしていく仲間を見ている時や、「テニスってこんなに面白いんだ」と言ってもらえる時に、本当に喜びを感じます。自分も初心に帰ることが出来、成長を感じたとき"共育"を実感しました。(250文字)

 

【コメント】

 

『"共育"』という言葉が好きなだけでは強みになりませんので、そういう価値観を持っているからこそ、何をするのか、何ができるのかが強みになりますので、もう一度強みについて考えましょう。

 

テニス歴9年という経験は立派ですが、その経験が具体的に書かれておらず、また、目標が「学内一位」では自己PRとして弱いです。実績について触れるよりも、「共育」という価値観をもとに、どのように理論と実践を交えた私流のテニス講座をしてきたのかなど具体例に書きましょう。

 

 

自己PR例 素直さ(ゼミ)

自己PR例 素直さ(ゼミ)

 

自分の非を認められる素直さが、私の強みである。過ちと向き合い、「何をすべきか」を考え、行動に移す。私はゼミで、在日コリアンの親睦会を面接調査した。この報告書を書く際、問題が発生した。見逃していた情報量の少なさが露呈したのだ。その中には、会の人に聞かないと分からないこともあった。面接で深く聞けなかった自分の過ちである。しかし「曖昧に書くのは失礼だ」と思い、「申し訳ありません」と彼らに電話をして教えていただいた。結果、十分な情報によって、詳細な報告書(ゼミ最長の22ページ)を書き上げることができた。(250字)

 

【コメント】

 

「自分の非を認められる」ことはとても大切なことなのですが、まず間違いを起こさないように努力することが大切なのではないでしょうか。そのため、間違いを多く起こすような印象を与えてしまう可能性もあり、キャッチフレーズ(自分の非を認められるという表現)は修正したほうがよいでしょう。また、過ちについての説明の文章量が多く、なおさら悪い印象を与えてしまいます。

 

過ちについての文章量を減らし、もっとプラスに考えて、素直なことがどう活きたのかをもっと詳しく書いたほうがよいです。例えば、詳細な報告書とはどのような報告書なのでしょうか、素晴らしさが伝わるように詳しく書いてみてはいかがでしょうか

 

 

自己PR例 居酒屋アルバイト

自己PR例 居酒屋アルバイト

 

私は「ハッと気配り・ササッと行動」が出来ます。
3年間働いた居酒屋は、日替わりが多く通常メニューにも写真がないため、どんな料理か分かりずらいものでした。そこで私はメニューの材料、作り方、味や料理の効果(ビタミンCが多く肌に良い等)まで細かく覚えました。迷っているお客様には進んで声をかけ、料理を想像できるよう説明したり、時にはお客様の体調に合わせたメニューをお勧めしました。するとお客様から「みっちゃんはいつでも美味しい料理が分かるね、今日のお勧めは?」と信頼して聞いて頂けるようになりました。(248字)

 

 

【コメント】

 

困難だったこと、具体的に行ったことが詳しく書かれいるため、わかりやすい自己PRです。また、キャッチフレーズは擬音語を使用していることからイメージやすいです。とはいえ、キャッチフレーズの印象と具体例が多少異なる印象を受けます。もっとスピード感のある対応したことについて書く、表現を工夫したほうがもっと良くなるでしょう。

 

最初の文章(3年間働いた居酒屋は〜どんな料理か分かりずらいものでした)が突然始まるような印象があるため、次の文章につなげるように表現を変えるとよいかもしれません。自己PRに関係ありませんが、メニューがメージしづらいのであれば、写真入りのメニューを自作したほうがお客様にとってよいのではないかと思いました。面接の時に聞かれるかもしれません。

 

 

 

自己PR例 駅アルバイト

自己PR例 駅アルバイト

 

「小さな意見も大切に、創意工夫すること」が、私の強みです。
3年間、鉄道会社の駅でアルバイトをしていました。2路線が接続するため乗換えが多く、お客様から「案内が分からんよ」とご意見を頂くこともありました。自分の案内の問題点を考えた結果「どの列車がどの駅に速く到着するのか」の情報を提示していないのではないかと仮定しました。そこで、実際に利用した名鉄や京王など7社の放送を参考に、自分オリジナルの案内をしました。その結果、お客様から「君が車両になったら良いな」とお褒めを頂くことが出来ました。

 

【コメント】

 

自己PRは強みについて聞いているので、(説明の)必要がない文言は削除したほうがよいでしょう。また、句読点の使い方、文章のつなげ方など、文章のマナーを守りましょう。

 

「小さな意見も大切に、創意工夫すること」が、私の強みです。

「小さな意見も大切にし、創意工夫すること」

 

自分の案内の問題点を考えた結果「どの列車がどの駅に速く到着するのか」

自分の案内の問題点を考えた結果、「どの列車がどの駅に速く到着するのか」

 

問題点に対する解決策も書かれていて、文章の流れがしっかりとしており、お客様の「会話」を文章に入れているのでイメージしやすい自己PRです。

 

ただ、自分のオリジナルの案内が詳しく書かれていないので、今のままでは説明不足のため、キャッチフレーズの「創意工夫」が言えていないように思います。オリジナルと言われても、他の人にはわかりません。「自分の案内〜仮定しました」の文章を削除するか、もっと短くして、自分オリジナルの案内について詳しく書いたほうがよいでしょう。

 

 

自己PR例 お客様の立場を考えて行動

自己PR例 お客様の立場を考えて行動

 

お客様の立場を考え行動します。
これは、3年間スーパーの農産部門でアルバイトをして培った強みです。客層やニーズによって常にお客様が何を求めているかを考えて行動することが大切だと痛感しました。
・地場産の新鮮で安心できる農作物を安く仕入れる
・野菜と果物関係なく、値段の安いコーナーと高いコーナーに分けることで学生や主婦のニーズに合った買いやすい売場に変えてみる。

 

という提案を上司に相談し実行してみたところ、月の予算比101%を達成し客数UPに繋がりました。

 

【コメント】

 

「客層や〜痛感しました。」とありますが、どうしてそのように思ったのかを説明しないと相手にはわからないので書きましょう。そして、その経験をもとに具体的に自分が行ったこと((「安く仕入れる」「売場を変えること」))を書くと説得力があります。

 

自分が行ったことは素晴らしいのですが、今のままでは事実を羅列しているだけになっています。また、結果の表現(予算比101%や客数UP)は素晴らしさが伝わりづらいので再考してみてはいかがでしょうか。

 

 

自己PR例 自分にしかできないこと

自己PR例 自分にしかできないこと

 

『自分にしかできないこと』を見つけ実行します。
私は常に自分が置かれた状況を客観的に見るようにしています。その上で、自分のやるべきことを判断し行動するよう心がけています。私のアルバイト先のアパレル店では男性スタッフが多く、曜日によっては女性スタッフが1人しかいない時もあります。そんな時は率先して大きな声を出すようにしています。それは、男性ばかりの店内に明るさと爽やかさをもたせるためです。社会に出てからも、状況に応じて自分のやるべき仕事を見つけ、会社に貢献したいと思っています。

 

【コメント】

 

「自分にしかできないことをやろう」という姿勢は伝わってきて良いですが、自分にしかできないことが男性スタッフの代わりに大きな声を出すだけでは自己PRとして弱いです。他にも自分にしかできないことがあれば書いたほうがよいでしょう。そのために「私は常に自分が置かれた状況を客観的に見るようにしています。〜心がけています」という文章をまとめてはいかがでしょうか。

 

「会社に〜思っています」では頼りがなく思われるため「会社に貢献したいです」のように自信を持った表現(断定系)のほうがよいです。そもそも宣言について書くよりもエピソードを詳しく書いたほうがよいでしょう。

 

 

自己PR例 奨学生

自己PR例 奨学生

 

私は「自分に負けない」姿勢を大切にしています。自分から逃げ出さず努力した先には、自信や成長を得ることが出来ると考えているからです。第一志望の大学に合格できなかった時、挫折を感じ毎日を楽しめずにいました。しかし、与えられた場で精一杯頑張ろうと思い直し、授業に欠かさず出席し勉強に取組みました。その結果、学科でただ一人選ばれる成績優秀者の奨学生に選ばれたのです。このことは、クラブ活動や海外ボランティアなど新しいことに挑戦する原動力となりました。社会人になっても、どんな困難にも立ち向かっていきたいです。(250字)

 

【コメント】

 

「私は〜考えているからです」「社会人になって〜立ち向かっていきたいです」など精神論(考えの部分)が多く、説明不足な自己PRです。

 

「学科でただ一人選ばれる成績優秀者の奨学生に選ばれたのです」のように結果の素晴らしさを説明するのはよいですが、それまでに至る説明(第一志望〜取り組みました)が多いです。

 

授業に欠かさず出席することは当然のことで、「成績優秀者の奨学生に選ばれたこと」で勉強を頑張ったことは伝わります。勉強関連の文章を短くし、クラブ活動や海外ボランティアについて具体的に書いたほうが良いでしょう。勉強で自信がついたからこそ、どのような困難なことに挑戦できたのかを書くことで「自分に負けない」姿勢が伝わるのではないでしょうか。

 

 

 

自己PR例 実行力

自己PR例 実行力

 

私は分析力と実行力を発揮し、成果を出します。
大学で部員80人規模のクラブに所属していました。そこで約1年半、毎週木曜の放課後に、スペイン語授業を開く責任者を務めました。当初は参加者7人からのスタートでした。私は参加しない原因を3パターンに分析し、それぞれに改善策を考え実行しました。またHPを作り、意見や不満を授業に反映させ易くし、部員を「ただの参加者」から「授業を作るパートナー」へ変えていきました。この結果、1年後には毎週50人近い参加者が集い、語学を積極的に学ぶクラブへと変わりました。(250字)

 

【コメント】

 

80人規模のクラブの後に、参加者7人というのがわかりづらいため、読み手がイメージしやすいように「どんなクラブなのか」を書いてはいかがでしょうか。突然、スペイン語の授業の話を出されてもイメージしづらいです。

 

分析力がエピソードで説明できていません。3パターンについて詳しく書く必要があります。とはいえ、すべて書くと文量が多くなるため、代表的なものを1つ挙げて、改善策を詳しく述べましょう。また、分析した結果とHPの話がつながっていないため、付け足したような感じがします。

 

7人から50人まで参加者が増えたことは素晴らしいため、それまでのプロセス(一番何がそうさせたのか)を考えてみましょう。

 

 

自己PR例 オシャレ

自己PR例 オシャレ

 

友人が引いてしまうくらいのストイックな姿勢で『オシャレ』を追求しました。どんなことからも貪欲に吸収する気概で、好みに関わらず300軒以上のお店を周って生の情報を集め、販売員の方と積極的に会話することで知識とノウハウを盗みました。また、着こなしを考える際は、同じ服でも施す工夫を少しずつ変え、それぞれを写真に納めて客観的に比較することで、最高の組み合わせを探り、更にそれをパソコンで編集して可能性を追求しました。その結果『オシャレ=人真似』だった私が、全く知らない人に呼び止められるまでに成長しました。(250文字)

 

【コメント】

 

「おしゃれを追究したこと」を書いていますが、自己PRとしてふさわしくありません。自己PRは「あなたの強み」について書くもの。「学生時代に頑張ってきたこと」という設問であれば回答として成立します。「貪欲」「ストイック」「行動力」などが強みとして考えられます。もう一度自分の強みについて考えましょう。

 

具体的なエピソードが書かれていて、イメージしやすく、素晴らしいです。とはいえ、「知らない人に呼び止められること」がすごいことなのでしょうか。それを目標に頑張ってきたわけではないような気がします。オシャレをストイックに追求したことによって何を得たのか、何を学んだのかを書いたほうがよいでしょう。

 

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ